カゼにかかった時、病院とドラッグストア、どちらに向かいますか?

ムダ毛で悩んだときもそれと一緒で、医療機関(クリニックなど)に通うかエステサロンに通うか、そこで悩む方もいらっしゃいます。

ただここで知ってほしいのは、医療機関と脱毛サロン、どっちが良いか?という事ではありません。

カゼになった時の症状やカゼの程度によって、市販薬がほどよい時もあり、逆に入院が必要になる時もあります。

ムダ毛がどの程度生えているのか、産毛なのか剛毛なのか、絶対に脱毛するべき箇所なのかという点を考え、把握する必要があります。

それらを把握して初めて、医療脱毛に通うべきなのか、脱毛サロンに通うべきなのかが見えてきます。
以下の3つのポイントから考えていくと、どうするべきかが見えてくると思います。

1.ムダ毛の悩み、どの程度ですか?

ムダ毛の悩みは人それぞれまったく違います。

何となく脱毛したいな。
毎日、毛を剃るのが面倒だな。
顔脱毛をしていつもワントーン明るい顔にしたい。

仕事で毎日スカートを着用しないといけないから、ひざ下はキレイにしておきたい。
夏の満員電車でつり革を持つときに、脇が露出するからどうしても脇を脱毛したい。

このように何となくという理由から、しっかりした悩みがあって絶対に脱毛したいという方に分かれていきます。
どの程度の悩みなのかを把握することは、医療脱毛に通うべきなのか、脱毛サロンに通うべきなのかを決める為の重要な一歩です。

脱毛

2.予算はどの程度考えていますか?

医療脱毛と脱毛サロンの料金はまったく違います。脱毛サロンのほとんどは数百円から数千円程度で脱毛が可能です。脇程度なら数百円程度から脱毛し放題となっていて、毎月1万円程度で全身脱毛が可能です。

医療脱毛においてはその機関、クリニックによってまったく異なりますが、脱毛サロンよりもはるかに高いことは覚悟しておく必要があります。

3.肌のトラブルリスク、痛みに対する考え

医療脱毛は主にレーザーを使った脱毛で、脱毛サロンの場合は光を使った脱毛となります。

肌にかかる負担も大きく違うため、肌のトラブルが起きる確率も違ってきます。
光は肌への負担は最小限で済みますが、レーザーが結構な負担がかかります。

痛みに関しても、レーザーの方が圧倒的に痛いと言えます。
これらの3つのポイントから考えていくと、
医療脱毛は「ムダ毛に対して悩みが深く、ある程度の出費を覚悟できる人」
脱毛サロンは「できる限り安い料金で、気長にサロンに通いつづけられる人」
に分けることができます。

以上が医療脱毛とサロンの違いとなりますが、まずはこの3つのポイントに対してどう考えているかをご自身でよく見極めることをおすすめします。